葬儀に花は欠かせないものですが、用途や呼び方が違いますので、訃報を聞いて贈るときは注意が必要です。
訃報の知らせを受け、遺体の枕元に飾ってあげたいときに贈るものは、「枕花」と呼びます。この花は、白一色でアレンジメントしたものを供え、血縁者が贈ることが一般的となっています。
通夜・葬儀の会場を飾る供花は、事前に手配して葬儀当日までに斎場へ届けてもらいます。故人や遺族と関わりのあった企業や法人や同窓生などの団体からスタンド花で贈るのが一般的です。
個人で贈りたいと思うときは、初七日~四十九日の間に、自宅へアレンジメントを届けるのがよいでしょう。贈ることで、遺族にお悔やみの気持ちが伝わりますので、無理の無い予算内で行うのがお勧めです。

葬儀で贈られる生花は「供花」と呼びます。
供花とは故人に供える花を意味しており、同時に死者の霊を慰める花であり祭壇・会場を飾る花として用いられます。この供花は遺族や親族、故人と親しかった参列者が贈ることもあれば遠方や予定があって参列ができない方が贈ることもあります。また香典を辞退した葬儀の場合に香典の代わりとして贈られるケースも見かけられます。なお供花は担当している葬儀社に依頼する手順を踏むのが一般的です。
そんな供花を贈るタイミングは通夜から葬式が行なわれる間となります。
可能なら通夜に間に合わせることが理想的です。しかしもしも通夜や葬儀の間に供花を贈る事が出来なかった場合、忌明法要までの間に設置される仮の祭壇にお供えする花として贈ることができます。ただしこの場合は早めのほうが良いので、初七日の間に贈るようにしたほうが失礼にあたりません。もし初七日に間に合いそうになかったら、四十九日が終わるまでが目安となります。

<PR>クレジットカードの即日発行じゃけん / JALカード / 貯蓄 / 内職 アルバイト / GetMoney / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / 初値予想 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の選び方 /